2009年11月22日

ワンポイントリリーフ!?

とりあえずの相棒、ダイハツ エッセ ecoです。
P1020097.JPG

5速MTで、かなりきびきびと走るいいヤツです。一瞬次のくるまこれにしようかなぁ、とまで思いましたが、やはり私の体には小さいので断念。

元々甥っ子のくるまなんですが(笑)、当人はほとんど使ってなくて、兄の通勤車と化していたのを強奪。


で、ただ強奪して乗っているだけだと申し訳ないので、VICSビーコンを取り付けてみました。

元々付いているナビはパイオニアのAVIC-DRZ99なので、それに合うやつを調達。
取り付けは15分ほどで完了。いいですね、作りが簡単だと。

P1020101.JPG
これはオーディオパネル周り外してナビ本体むき出しにしたところ。暗くてなんだかわかりませんね・・・。

P1020104.JPG
無事装着。きちんとビーコン情報入るのも確認しました。
これで渋滞考慮するようになります。
posted by JIRO at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

終焉

エンジンがお亡くなりになりました。

総走行距離12万6千キロあまり。残念です。
エンジン換装という選択肢もありますが、それをすると別のくるまになってしまうような気がするのと、今のこのくるまにそこまで費用をかけて乗るよりは、もっといろいろな車を楽しみたい、という欲求のほうが強いので、このままレガシィを降りることにします。

2005年7月30日から乗り始めて4年3ヶ月。とても楽しいときを一緒に過ごしました。新しい仲間も増えて、いい出会いをもたらしてくれました。
沢山の思い出をありがとう。


ところでこのブログはこのまま続けようと思います。せっかくの記録だし。
ま、タイトルはそのうち変わるとは思いますが。
posted by JIRO at 23:32| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | エンジンルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

添加剤投入

オイル交換してから少したってしまいましたが、また妖しい添加剤を・・・。
20091011-01.jpg
WINSとかいう米国の会社のFifty Plusという名前のものです。

粘度がかなり高く、前に入れたシュアラスターのループ エンジンリカバリーくらい。いや、もっと高いかもしれません。

これだけ堅いと元のオイルにも影響あるような気がするんですが、まぁきっとそんなことないんでしょうね。

入れてから丸一日走りましたが、特にフィーリングは変わらず。燃費がどうなるかなぁ・・・。
posted by JIRO at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

エンジンオイル交換

だいぶ久々の更新になってしまいました・・・。

前回のオイル交換から5,000km弱。今回はオイル調達するひまなかったのでスーパーオートバックス東京ベイ東雲にて。
SAB東雲は休日午後だとオイル交換かなり待たされますが、ネットで予約しておいたのでスムーズ。

ちょうどスラッジナイザー+オイルエレメントのお買い得キャンペーン中だったので、スラッジナイザーもやってもらいました。

オイルは無難にMobil 1の5W-40

交換後のフィーリングは・・・別に変わりないですね(笑。
まぁそれだけきちんとメンテナンスできてる、ということにしておこう。
posted by JIRO at 17:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

エンジンルームのおそうじ

前々から蓄積した汚れが気になっていたんですが、自分でやるのもなぁ、と思いそのままにしていたエンジンルーム。
ふと、きれいにしてもらえばいいじゃない、と思い立って行ってきました。
中央区勝どきにあるCar Beauty21。
http://www.carbeauty21.jp/
タクシーや業者のひとがよく使うそうで。なんと24時間営業です。

やってもらった結果はこちら。
20090628-01.JPG
ぴかぴか。
20090628-02.JPG
基本拭き掃除なので、奥の奥まではムリなんですが、これだけきれいになっていればもう文句なしです。すばらしい。

20090628-03.JPG
こんなところに「SUBARU」と書いてあるの知りませんでした(笑
posted by JIRO at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

ウィンカーバルブ交換

ウィンカーバルブ(前後)をLEDのものにしました。
レガシィBE/BHのA-C型はS25タイプなので市販のLEDのものが超少ないです。
あってもPIAAのえらく高いやつとかだし、ということで某オークションにてget。
形はこんなのです。
P6260002.JPG
あ、これはリア右側のソケットに装着した図。

点滅の動画を交換前と交換後で撮ってみました。

交換前


交換後


ちとわかりにくいですが、交換前はぽわんぽわんしてたのが、交換後は切れてる感じになってます。
明るさと広がり方をちょっと心配してましたが、このくらいなら昼間も大丈夫ですね。
posted by JIRO at 16:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

CAR DO SUBARU三鷹

東京スバルが三鷹の富士重工業鞄結梹幕ニ所内に店舗を移転オープンした「CAR DO SUBARU三鷹」。
そこに初代レガシィのニュージーランドラリー優勝車が展示されているので見に行ってきました。
P6140019.JPG
いやー、かっこいい。
P6140017.JPG
P6140029.JPG
今は亡きコリン・マクレーの運転で優勝したんですよ。
P6140014.JPG
P6140015.JPG
P6140013.JPG

じっくり堪能しました。

あとは、ディーラーなので新型レガシィばばーんと展示。
P6140004.JPG
P6140005.JPG
P6140007.JPG
P6140006.JPG
P6140008.JPG

超めずらしい6MTの試乗車(ツーリングワゴンのGT Sパッケージ)も置いてあります。試乗してきました。
今回のレガシィだと、わざわざMTにこだわることもない感じがします。CVT出来いいし。
posted by JIRO at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 単なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オイル&エレメント交換

前に換えたのが2月の12ヶ月点検。
東京スバルの駆動系オイル交換パッケージでCastrolのに換えたんですが、今回はこれ。
20090614-01.jpg
SUNOCOのSvelt 5W-50です。エレメントはいつものSUBARU純正。あと一つ残ってるけど、また買い増ししなきゃ・・・。

SUNOCOのオイル、Brillのほうがほんとは気になるんですが、自分が求める粘度にするにはブレンドしないといけなくて面倒なんで、今回は安いSveltにしました。

4.5L入ったので、500cc余り。これを使い切るために次回もSvelt決定ですね。

交換しての感想は・・・とても普通です。新品だからフィーリングよくなるのは当たり前だし。
posted by JIRO at 09:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

新型レガシィ試乗

5/20に発表された新型レガシィ。この土日から週末三連続で発表フェアです。

今回はツーリングワゴンのGT SパッケージとB4のi Lパッケージに試乗してきました。

まずワゴンのGT Sパッケージ。5速ATです。
20090524-04.JPG
20090524-02.JPG
このSパッケージ、メーカーオプションのHDDナビ+マッキントッシュオーディオ付きでした。
音は先代BL/BPのマッキントッシュよりさらに良くなってますね。フロントの定位がかなりしっかりしてます。

20090524-00.JPG
メーター。今回のは全車種同じメーターなのですが、なんか安めのコンピューターグラフィックっぽくてあまり好みではないです・・・。変にグラデーション付けなくてよかったのに。

で、運転した感想。
SIドライブのiだと拍子抜けするくらい普通です。S、S#にするとやはりターボ。
トルクが結構低い回転数から一定に出てくれるので、かなり扱いやすいですね。
足回り、SパッケージはBILSTEINダンパーなのですが、特に堅い印象はありませんでした。BL/BPのA型の最初がガチガチだったのとはえらい違いです。

次に乗ったのはB4のi Lパッケージ。
20090524-06.JPG
2.5リッターSOHC NA。「リニアトロニック」と呼称される縦置きチェーン式CVTを積んでいます。
iだとやはり普通。やはりトルクがきちんと出ているおかげですかね。
S#にするとがらっと変わって、すごくいいフィーリングになります。
変速機の反応もすばらしいです。5ATより断然こっちのほうがいい出来。CVTなので変速ショックも皆無です。


パドルシフトでマニュアル操作すると、減速のときに「ブリッピングコントロール」と呼ばれる回転数を合わせてくれる機能が働くので、エンジンブレーキがきちんと効いてくれます。たぶん変速機への負担も少なくなるんじゃないかな。

その他。
20090524-01.JPG
20090524-05.JPG
アウトバック。でかいです。ツーリングワゴンよりさらに一回り大きく見えます。これは私にはおよびでないですね・・・。

20090524-03.JPG
ワゴンのエキゾースト部。GTなので左右2本出しです。

20090524-07.JPG
こちらはB4オプションのリアアンダースポイラー。NAだとマフラー1本出しなので、右側はダミーです。


今回試乗してみて、やはりレガシィはレガシィで変わっていない部分があるということを実感しました。
それはクルマに対する安心感というか信頼感というか。水平対向エンジンとAWDという不変のパワートレーンがもたらす操縦安定性は絶大です。
あと、サイズの数値だけ見ると今乗っているBEよりも全然大きいのですが、実際街中を運転してみると全く気になりません。これは不思議。
フロントのボンネットが妙に盛り上がっているので見切りが悪いかな、と思ったのですが、そんなこともないし、リアの視認性も思っていたよりいいし。
今回は、というか今回もかなりまじめに開発しましたね。スバルさん。
しかしながら、それだけに残念なのはダッシュボードのむきだし樹脂の仕上げ。BEがきちんと仕上げてあるだけに余計気になります。
このへんはベンツのCクラスがベンチマークであるのなら、あと15万程度値段が高くなってもきちんとやるべきだったのではないでしょうか。

しかし、総じて非常にいい仕上がりであることは確かです。
今日ディーラーにいたお客さんのクルマ、いつもならスバル車ばかりなのですが、珍しく他社のくるま(プリメーラとかアコードとか)が複数台とまっていて、やはり少しクルマ好きならレガシィは気になる存在なんだなぁ、と感じました。
それだけに、年改でのさらなる改良に大きく期待したいですね。


あーそうだ。SUBARUのWEBコミュニティでSUBARU BLOGにトラバするとなんか当たるみたいなんで応募しとこうっと。

キーワード:新型レガシィ トラックバックキャンペーン
WEBコミュニティのニックネーム:JIRO-w
posted by JIRO at 21:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 車試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

新型レガシィ内覧会

既存顧客向けの内覧会が開催されたので、ディーラーに行ってきました。

こんどのレガシィはBM/BR型。BMがセダン、BRがワゴン/アウトバック。
あちこちで画像がさらけ出されているので、外観については多くは触れませんが、まぁふくれましたね。で、バンパーらしいバンパーではなくなっているので、低速でもぶつけると修理にお金かかりそうです。

内装は結構よく出来ています。ダッシュボードの質感が、プラスチック素材むき出しなのにしては頑張っていると思います。でもやっぱりむき出し。

センター(運転席と助手席の間のスペース)が無駄に幅取っている気がします。そのせいで横の幅広感がありません。囲まれているという感じ。それはそれで好むひとはいると思いますが。

前後方向はかなり広がっています。身長180cm超の自分が運転席に座ってシート位置合わせて、そこから後席にまわって座っても足を組めるほどです。同乗者はものすごく楽なんじゃないでしょうか。
B4の後席は、頭の上のスペースはそれほどでもないですが、リアウィンドウが頭の上に来てしまうようなことはなく、日差しもきちんと遮ってくれる感じです。

BE/BHでもBL/BPでも文句の多かった収納スペース。今回はがんばってます。ドアポケットに500mlペットボトルが入ります(4つとも)。フロントの頭上にポケットが設置されていて、カード・チケット類やサングラスが入れられます。グローブボックスも容量UP。センターコンソールにカップホルダーがあるのですが、これが横並びになっているので幅広、というのもあるのかな。ここは縦置きで細身にしたほうがよかったんじゃないかなぁ・・・。

フロントシートはクッション素材が低反発のものになっていて、包まれる感じです。形状としてはサポート感低いのですが、走らせていると多分従来のシートより疲労は少ない気がします。
ステアリングはチルト+テレスコピックなので、ドライビングポジションがきちんと設定できます。これも疲労軽減に寄与するんじゃないでしょうか。

全体として、かなりがんばって作り上げたという印象は伝わってきます。しかしながら、商品としての魅力をアピールできているかと言うと、どうなのかなあ。

このくらいの大きさになると、国産車でのライバルはマークX・スカイライン(セダン)・アコード、ということになるんだと思いますが、それらと比較してのアドバンテージはどこにあるんでしょうか。
それらを検討しているひとが敢えてこんどのレガシィを選ぶようにさせるなにかを持っているか、というと、ちょっと難しいかな・・・。

あ、自分はぜんぜん嫌いじゃないですよ。かなり好印象です。
でも一歩引いて客観的に見ると、スバルのひいき客以外から引っ張ってこれるかと言うと難しいだろうなぁ、と思うわけで。
世界的に自動車産業が不況なこの時期、少ないパイの奪い合いになるのは目に見えているのですが、アピールをかなりうまくしないと大変でしょうねぇ。
posted by JIRO at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。